マンション売却体験談 | 手数料はこれだけかかりました

マンションを売る際にも仲介手数料は発生します!

「マンションを売りたい」と検討した時に、売却によって手に入るお金のことばかりを考えてしまいますが、実際には不動産仲介業者へ支払う「売却仲介手数料」というものが発生します。これは、マンションの売却が成立した時点で不動産屋に支払う言わば「成功報酬」にあたるものです。

【参考】マンション売却時の手数料

私自身も都内のマンションを売りに出し、無事売却が成立したタイミングで担当していただいた仲介業者に655,200円の売却仲介手数料を支払いました

この手数料ですが、売却が成立するまでは、一切支払い義務は発生しません。あくまで「マンションの売却が成立した」ことに対する成果報酬というわけです。

売却手数料はどうやって決まるの?

マンションを売る際に発生する仲介手数料は宅地建物取引業法により、上限が設定されているそうです。 具体的には、

  • 200万円より低い価格で売れた場合/売却額の5.25%以内+63,000円
  • 200万円~400万円で売れた場合/売却額の4.2%以内+63,000円
  • 400万円より高いで売れた場合/売却額の3.15%以内+63,000円

となっています。

この「上限」というのがポイントで、必ずしも上限に達する必要はないため、一部の不動産仲介業者では独自に「割引」というかたちで上限に達しない手数料で取引を行っているところもあります。

しかし、値引きを行ってくれる業者は、そのことを目立つように看板を出していることは少なく、ほとんどの場合は問い合わせしてみないと割引交渉が可能かはわかりません。

また、「値引き交渉を持ちかけられない限り、基本的には上限いっぱいで仲介手数料を請求している」という業者も多いようなので、まずは一括査定サイトで問い合わせをしてみて、値引きが可能かどうかを聞いてみることをおすすめします。