マンション売却体験談 | 手数料はこれだけかかりました

売却手数料の値段交渉は可能なの?

一部の業者は手数料の割引を行っている場合があります。この場合、主に中小規模で経営している街の不動産店が多く、三井不動産や東急リバブル、住友不動産などの大手はそのような割引は行っていないことが多いようです。

おそらく、大手は割引など行わなくても査定以来は頻繁に入りますから、値引きを売りにするほど集客には困らないのです。その分、会社のブランドによる「信頼感」で勝負しているというわけです。

どうして手数料の値引き交渉が可能なの?

そもそもマンションの売却というビジネスモデルは、マンションを売りたいと思っている依頼主側だけでなく、その物件を買いたいと思っている購入者側からも手数料がもらえる仕組みのため、不動産業者的には「儲けが大きい」ビジネスなんだそうです。

だからこそ、多少の値引きには寛大な部分はあるようです。

私自身、マンションを売りに出す前に、手数料の割引率を調べてみたり、
査定依頼をした際に不動産業者に交渉したところ、数パーセント~半額の割引が可能なことがありました。

しかし、あくまで「一部の業者」が値引きOKという印象です。あまり値引き交渉ばかりしていると、「面倒なお客が来たぞ」と思われてしまうかもしれませんので、節度を持って話を持ちかけてみた方がいいでしょう。

仲介手数料の値引きが一切ないなら、大手は避けた方が賢明?

仲介手数料の値引きがないからと、大手の不動産店を頑なに拒んでしまうのは非常にもったいない話です。

なぜならば、大手の業者には良いお客さんが集まってきやすいからです。手数料の値引きのことばかり考えていて、実際のマンション売却価格を疎かにしてはいけません。

まずは高く売ることが最重要です。高く売るためには、高く買い取ってくれるお客さんが必要です。売却を経験してわかりましたが、大手には大手の良さもしっかりとあることは確かです。

では、仲介手数料の値引きを売りにしている業者は怪しい?

売却手数料の値引きが可能な業者は街の不動産屋が多い印象ですが、
実は大手よりも土地の特性や地域の強みをしっかり理解している印象を持ったのは、町の小さな規模の不動産業者でした。地域に根付いて経営しているからこそ、物件の良さを的確に掴んでくれて、その価値を査定額に反映してくれたように思います。

だからこそ、中小クラスの不動産業者で値引きが可能な業者が見つかれば、こんなに良いことはありません。私の場合、残念ながらそのような業者は見つかりませんでしたが、もし見つかったならば本当にラッキーかと思います。

とにかくまずは、査定を依頼することが重要です。

仲介手数料の値引きが可能かどうかも含めて、まずは不動産業者に問い合わせしてみることを是非おすすめします。問い合わせの際は、「自分で見つけた不動産屋では仲介手数料の値引きが可能だったけど、御社の場合はどうですか?」というようなかたちで質問を投げかけてみれば良いかと思います。

表立って仲介手数料の値引きを謳っていない業者であっても、話を持ちかければ検討してくれる可能性も大いにありますので、ぜひトライしてみてください。